新規よりも中古ドメインの方が良いとの見方も

ドメインと言えば、新規取得するものだと一般的に思われていますが、最近では中古ドメインというものが流行ってきています。
そもそもWEB系のサービスが普及して、はや数十年が経過しました。
インターネットがまだ荒野だった頃は、まさしく開拓の時代であり、申請したドメインネームがストレートで新規取得出来ました。しかし、今やネット上は大混雑です。
リアルの都会と同じような状況が、今日のネット空間の中には構成されており、ビジネスの面で優位なドメインネームは既に他社が取得してしまっているのが実情です。
リアルの人名や企業名と同様に、ドメインネームもまた後発でネットに参入した企業は、希望通りの名前が新規取得出来ない事が多く、それをしようとすれば、かなり複雑なドメインネームになってしまいます。
社名の後に、複数の単語を追加すれば、自分が初めての利用者になれますが、無駄に長くなってしまったドメインネームに、マーケティング的な価値があるかは疑問符が付きます。

そうであればいっその事、中古ドメインを取得してそれを有効にビジネスに活用した方が有益だと考えるビジネスパーソンが増加して来ました。
居抜き物件ではありませんが、元々使われていた中古ドメインには集客力が残っている可能性が高いです。また中古ドメインならリーズナブルに取得し、利用出来るとの見方もありますので、新規取得に拘るよりも旨味が多いとも考えられます。

また中古ドメインは広告収入を目的にしたサイドビジネスに強いメリットもあります。
特に複雑なSEO対策を施さなくても、前任者が長期にわたってドメインを利用してきたキャリアが検索エンジンに評価され、上位に表示されやすい利点があるためです。

ページトップへ