中古ドメインで重要な記事とパーキングについて

中古ドメインはインデックスの多さやバックリンクの多さも重要ですが、それらを活かす記事であるコンテンツがもっとも重要です。中古ドメインを活用したウェブサイトの多くはメインサイトへのリンクを付けるために作られるサテライトサイトですが、メインサイトと同様にコンテンツをインデックスに合わせることが大事です。インデックスはウェブサイトの検索サイトでの評価であり、キーワードとパスが分かります。キーワードを元にコンテンツを作り、記事を適切に書くことでパスが活かされ、インデックスがさらに強化されます。逆に言えば記事がしっかりしていない、カテゴリにあっていない記事はインデックスを書き換えてしまったり、最悪削除してしまったりします。サテライトサイトであってもインデックスがなくなればサイトとしての評価がなくなりますので要注意です。特にパーキングなどのツールも利用してパスを活かしつつコンテンツの拡充をしなくてはなりません。中古ドメインを活用する際、バックリンクの数だけを重視するケースが増えています。インデックスも重要ですが、目先のPVを重視する考え方です。サテライトサイトでは特にPVが重要となってきますのでSNSなどでのPVの数を調べるツールが活躍しています。数が多いことはPVのアップに繋がるのですが、チェックするだけではなく、パスを繋げるコンテンツを作ることも大事です。パスが切れていてもアドレスを修正すればWebにはたどり着けますが多くの方は修正してくれません。また、ジャンプ設定は検索サイトで評価されませんし、ジャンプの多いサイトは評価を下げてしまう可能性が高くなります。セキュリティソフトによっては警告が出されることも多くなっています。

ページトップへ